株式会社不動産インターネット協会トップ
株式会社不動産インターネット協会トップ

競売物件の入札から物件の引渡しまでの一連の手続きを、代行するサービスです。
気になる物件がございましたら、ご連絡ください。

  ※1)物件によっては、事前に取り下げになる場合がございます。
  ※2)入札したからといって、必ず落札できるわけではありませんのでご了承ください。

サービス内容 詳細 手数料
競売物件の詳細資料提供 3点セット資料(物件明細書・現況調査報告書・評価書)をメール(PDF)・FAX・郵送等で送ります。

※記載物件において現況と相違する場合は、現況優先とさせていただきます。
1物件あたり2,000円
入札代行 入札における手続きを代行します。

※入札する際に、保証金として最低価格の20%を裁判所の指定された口座に、振り込む必要があります。 落札できなければ、後日裁判所から全額返却されます。
※注意
1物件につき、入札価格の1%+消費税

落札した場合にのみ、成功報酬として、追加で入札価格の2%+消費税 (落札した場合は合計手数料が3%+消費税となります。)
取得手続きの代行 落札後の物件取得の手続きを代行します。 不動産登記、旧所有者からの物件の引渡し、占有者の明渡し交渉など。 ※注意
1物件あたり、落札価格の3%+消費税

ただし、立退き料や強制執行の費用が発生する場合は、都度相談の上、別途請求させて頂きます。

  ※注意
    代行手数料が5万円(500万円の物件)に満たない場合でも最低手数料は5万円+消費税を頂きます。
    また、最高手数料は150万円(5000万円の物件)までで、それ以上高額な場合でも150万円+消費税となります。

株式会社不動産インターネット協会トップ

1 裁判所にて競売物件が公示されます。
2 裁判所で3点セット(物件明細書、現況調査報告書、評価書)を閲覧し、物件の内容を確認します。
3 現地調査・入札価格の検討を行います。
4 入札の書類を入手・記載し、郵便書留又は直接裁判所に持参します。
※入札前に保証金(最低価格の2割)を指定口座に振り込む必要があります。
5 開札日に裁判所で開封され、一番高い入札価格を掲示した方が、落札権利を得ます。
※落札できなかった場合には、裁判所から保証金が返還されます。
6 裁判所から落札者に対して、残代金の納付通知書が送付されてきます。
通知書が届いてから1ヶ月程度の期間内に納付する必要があります。
7 代金を納付した時点で、所有権が移転されます。
もし、期間内に代金を納付しなければ、無効となり、保証金は返還されません。
8 旧所有者や、現占有者に対して、物件の引渡しを求める必要があります。応じてくれない場合には、引渡し命令の制度を利用できます。(執行官に申し立てて強制的に立ち退かせる行為)

※強制執行にはそれに伴う費用が別途かかります。 競売物件の入札から物件の引渡しまでの一連の流れを下記に記載しますので、 是非参考にしてください。

  競売の手続きについて解らない事がございましたら、是非ご連絡ください。丁寧にご説明致します。